LIFE

0

    作戦がフワッとしてる特殊部隊FWATのコント楽しみ( ^ω^ )
    9日は忘れずに録画しなければ!

    EXまにあっくす

    0

      CSのテレ朝チャンネルで昨年12月から月一で放送されていた「EXまにあっくす」

      7月で終了したのだが、26・27日に再放送されます。ってか今日と明日です。

       

      奇しくも、第一回に放送される「怪奇!巨大蜘蛛の館」は1978年8月26日の土曜ワイド劇場で放送されたのでした。

      39年前の今日だったのですね〜

       

      土曜ワイド劇場は日本初の長編ドラマ専門枠で、円谷プロがこの枠に初参加した作品が「怪奇!巨大蜘蛛の館」なんだそうです。

       

      芸能界にあこがれる娘が猛烈な業界のえじきになり、娘のおん念が巨大クモとなって殺人鬼に復しゅうをする怪奇サスペンス

       

      これは放送日の新聞のテレビ欄の番組解説に書いてあった文言で、夏にピッタリの作品のようです。

       

       

       

      他の作品は

       

      「白い手美しい手呪いの手」(1979年)
      「怨霊!あざ笑う人形危険な未亡人」(1980年)
      「怪奇!金色の眼の少女」(1980年)
      「眼の中の悪魔」(1984年)
      「呪いのマネキン人形」(1984年)

       

       

      これらの作品はDVD化もビデオ化もされていない非常にレアな作品なので、今回の再放送はとてもありがたい。

       

      くも

      「怪奇!巨大蜘蛛の館」©円谷プロ

       

       

      そして、土曜ワイド劇場作品のあとは美少女特撮モノの

       

      「サイバー美少女テロメア」(1998年)

       

      も放送されます。

       

       

      テロメア

      「サイバー美少女テロメア」©円谷プロ

       

      この作品は「超能力と遺伝子操作をテーマとしたSFサスペンスドラマ」だそうで、

      乃木坂46あたりの子でCGを使ってリメイクしたら面白いかもしれないですね〜

       

       

      この3人現在も芸能活動を続けています。

      左からつぐみさん・三輪ひとみさん・嘉門洋子さんですね(⌒∇⌒)

       

       


      これは・・・

      0

        ハンガリーのニュース番組で、アイスホッケーの試合の説明をしていたアナウンサーが、いつのまにか完全に「チ●コ」を書いてしまっていたというね。

        日本じゃありえないね〜


        笑点、その後

        0
          29日、司会が昇太三になって初めての笑点があった。
          関心事は新メンバーが誰かってことで。

          その新メンバーは二代目林家三平師匠でした。

          「やはり」という面と「意外」という面がありますな。

          やはりというのは、落語協会所属の噺家だということ。
          笑点出演の三団体のバランスを考えると納得の人事ではあります。

          ただ、他に人はいなかったのかという思いはあるね〜。
          落語家っていうよりタレントって感じがするんだよな。
          まあ、だれでも顔は知ってるっていうくらいの知名度が必要だと思うので、妥当な人選といえるのかな〜。

          歌丸師匠が涙を拭った時に使ってた手ぬぐいが立川流の名入りのものだったので、立川流から抜擢されるのでは?なんてことが週刊ポストに書いてあったけどそれはなかったね。ちょっと残念。

          これで、メンバーは
          司会:春風亭昇太(落語芸術協会)
          三遊亭小遊三(落語芸術協会)
          三遊亭好楽(圓楽一門会)
          林家木久翁(落語協会)
          林家三平(落語協会)
          三遊亭円楽(圓楽一門会)
          林家たい平(落語協会)

          となりました。
          バランスが取れてていい感じではあるね。

          同時に発表された24時間テレビのマラソンランナーはあまり興味がないので、ここでは触れません(#^^#)
          それでは〜(^.^)/~~~

          笑点

          0
            22日の笑点は、歌丸師匠が司会をする最後の放送だった。
            用事があって出掛けていたので、留守録しておいたのを見た。
            番組内容は取り立てて変わっているところもなく、いつも通り。
            日曜の夕方はこれがいいんだよね〜。といっても、見たのは火曜の午後一なんだけど・・・^^;

            歌丸師匠は番組開始からの出演だからすごいね〜。
            私が覚えているのは司会が前武さんのころかな。でもかなりうろ覚え。
            はっきり覚えてるのは、三波伸介さんになってから。
            歌丸vs小円遊の『ハゲ』「ブ男」対決とか、子供ながら大笑いしたもんだ。なつかしい。

            50周年を節目に、番組に変化があるのはファンも納得してることでしょう。

            そして、次の司会が誰になるのかっていうのも大きな関心事ですね〜。
            コレがイギリスだったらブックメーカーが賭けの対象にしてるだろうね。

            結果は春風亭昇太師匠でしたね。ちょっと意外。
            圓楽師匠が有力視されてたみたいだけど、私は無いと思ってました。
            前の司会が先代の圓楽さんだから、圓楽〜歌丸〜圓楽とはしないでしょう。
            誰か外から呼ぶのかな?とか思ってましたが、適任者となると・・・?だしね〜。

            ただ、笑点には「落語協会」「落語芸術協会」「円楽一門会」の3つの団体が出演していて、
            円楽一門〜落語芸術協会と来ていたから、次は落語協会所属の噺家さんがなるだろうと予想してたんだけど、
            昇太さんは芸術協会所属なんだよね〜。

            コレが元でまたいざこざが起こったりして・・・。
            そんなことはないと思うけど、昇太さんの後釜の出演者が誰かってのも関係してきそうな気がしてならないな。
             

            1

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << October 2017 >>

            トコロっちの本棚

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM